いきなり無職!

株の損失725万円を取り返そうと奮闘する無計画セミリタイア無職人間の日常

コミック雑誌の発行部数は10年でどこまで減少したか? 少女、女性向けコミック編

こんばんは、ふくろう主です。

 

先日書いたこの記事ですが

予想外に見て頂いてる方が多いようで大変感謝しております。

まだお読みになっていない方は、併せてお読み頂けると嬉しいです。

www.owlowl72.com

 

やはり昨今の出版不況に対して関心は高いようで

元書店員としても、ありがたいな、と思うと同時に

(思考停止と怒られるかも知れませんが)

これといって打つ手が無いな・・というのが正直な意見です。

 

とはいえ出版不況の現状を知って貰うのは

決して悪い事ではないと思い、前回は割愛した

少女向け、女性向けのコミック雑誌に関しても

この10年の発行部数を比較をしてみました。 

 

 

 

データは前回と同じく、日本雑誌協会のHPから引用させて頂きます。

www.j-magazine.or.jp

 

2018年4~6月少女向けコミック雑誌(三ヶ月の平均値)

f:id:owlowl72:20181009185710p:plain

2008年4~6月少女向けコミック雑誌(三ヶ月の平均値)

f:id:owlowl72:20181009185855p:plain

 

前回同様、こちらの数字はあくまで発行部数であり、販売部数とは異なります。

販売部数に関しては、有償でデータを手に入れる事も可能なんですが

それも大変なので、今回は割愛させて頂きます。申し訳ありません。

 

さて、少女向けコミックで注目したいのは

まず、低年齢向けメジャー3誌の「なかよし」「りぼん」「ちゃお」。

ちょっと乱暴な言い方ですが

女子向けのコロコロコミック的立場と言えます。

 

男児向けのコロコロコミックは10年間で約20%減と健闘していましたが

 

なかよし 33万1千部→8万7千部

りぼん 32万6千部→15万部

ちゃお 92万部→40万部

 

と、目を覆いたくなる惨状です。

どれも半分以下になっていますが、なかよしは約75%減と特に厳しい。

ちゃおも半分以下ですが、まだ健闘していると思えるほど。

 

次にもう少し対象年齢層が高め、月2回刊行の

「マーガレット」「Sho-Comi」「花とゆめ」を見てみたいと思います。

(ちなみに「Sho-Comi」は2008年時点では「少女コミック」)

 

マーガレット 12万5千部→3万9千部

Sho-Comi 19万5千部→9万1千部

花とゆめ 25万7千部→11万4千部

 

うーん、こちらも 半分以下から3分の1まで、深刻な減少率と言えます。

 

本家メジャー誌からの派生雑誌として

別冊フレンド(本家は少女フレンドは1996年に廃刊)

別冊マーガレット、ベツコミ(別冊少女コミック)も比較してみましょう。

ちなみにこの枠には別冊花とゆめもありましたが

こちらもつい先日休刊となってしまいました。

 

別冊フレンド 10万8千部→6万5千部

別冊マーガレット 30万6千部→13万5千部

ベツコミ 10万1千部→2万9千部

 

別冊フレンドは若干減少が緩やかですが

状況が深刻な事は否めません。

ベツコミは限界近くまで追い込まれていると言えそうです。

ちなみに休刊となった別冊花とゆめ

確認できるデータ範囲では、最後の発行部数は約3万2千部でした。

 

 

 

2018年4~6月女性向けコミック雑誌(三ヶ月平均)

f:id:owlowl72:20181009193837p:plain

2008年4~6月女性向けコミック雑誌(三ヶ月平均)

f:id:owlowl72:20181009193953p:plain

続いては、年齢層高めの女性向けコミック。

2018年は公表されている雑誌の数もかなり少なくなっています。

一気に見てみましょう。

 

Kiss 15万7千部→7万部

デザート 11万6千部→4万5千部

BE・LOVE 18万5千部→8万2千部

Office YOU 11万5千部→5万4千部

Cookie 18万8千部→3万4千部

プチコミック 11万部→7万部

フラワーズ 4万2千部→4万1千部

FEEL YOUNG 4万6千部→1万1千部

MELODY 4万7千部→3万6千部

 

うーん、やはり厳しい。

特にCookieの減少は凄まじいものがあります。

Cookieのこの2008年のデータはたぶん矢沢あい先生の

「NANA」が連載してた絶好調の頃ではないかと思います。 

ちなみに「NANA」はいまだに完結してないんですよね。

休載も10年近くになりますか・・

 

 

MELODY、フラワーズは2008年の段階でも売れ部数が少ないですが

減少率という点では健闘していると言えますね。

特にフラワーズはほとんど減ってない!

これは萩尾望都さんの「ポーの一族」の連載再開も影響がありそう。

新作連載再開時は問い合わせが凄まじかったのを思い出します。

 

電子書籍の出現などもありますので

どこまで深刻な状況かというのは

この発行部数だけで単純に断じる事はできませんが

電子書籍で出版社と作家は生き残れても

書店は生き残れないんですよねぇ・・。

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 

にほんブログ村


トレード日記ランキング